誰にでも使える

腕

運動しなくても大切

プロテインは平たく説明すると、たんぱく質を中心とした筋肉補強用の調整食品です。たんぱく質は髪の毛や爪、筋肉などの原料となります。もっと詳しく見るとたんぱく質はアミノ酸の塊であるため、積極的な摂取をおすすめします。プロテインというとスポーツマンが運動前後に使う商品のイメージが大きいですが、今では高齢者向けのものもあります。若い方より高齢者のほうがよりたんぱく質が重要になってきます、高齢になるにつれ筋肉が少なくなり、転倒や骨折の原因となります。積極的に運動していないとロコモティブシンドロームになるため、予防のためにプロテインをおすすめします。女性であればダイエットにより筋肉が低下し、基礎代謝が落ち痩せにくくなるためダイエット中の女性にもおすすめの成分です。

取りすぎも注意

食事にはPFCバランスが大切です。PFCバランスとは、たんぱく質と脂質、炭水化物のバランスのことです。炭水化物が60から70パーセント、たんぱく質が20パーセント前後が理想だとされています。たんぱく質を食事から摂取するには肉や魚が効率的です。特に魚に含まれる油は体にいいためおすすめします。毎日50グラム前後とる必要があり、一気に摂取しても効果があまり維持されません。しかし高たんぱく食は腎臓に負荷がかかるため腎臓が悪い方や高齢者では一度医師に相談したほうがいいです。健康な方であれば、長期に続けない限り高たんぱく食でも体への影響は少ないです。成長期から青年期、高齢期まですべての世代において必要な成分であり、運動と併用することにより最大の効果を示します。プロテインは飲み物に混ぜる粉末状のタイプから、錠剤のものまで様々です。商品によって吸収スピードや効果の対象も異なるので、目的に合わせたプロテインを使用しましょう。

Copyright© 2017 サプリメントで体内回復〜元気盛りだくさんな毎日〜 All Rights Reserved.