健康的に痩せるために

スムージー

正しい作り方や材料

グリーンスムージーは肥満大国アメリカで生み出された飲み物で、野菜や果物の栄養を大量に、そして最大限に摂取することで、健康的にダイエットができるというものです。基本は材料をミキサーにかけて水を加えるだけで完成しますが、材料によっては向き不向きがあるので注意が必要です。グリーンスムージーの材料となるのは、基本的に生の葉野菜です。ただし、同じ葉野菜でもキャベツやカリフラワーなど、でんぷん質系の野菜は、お腹にガスが溜まるため、グリーンスムージーには不向きです。同じ理由で、にんじんやナス、カボチャなどもNGです。また、寒い季節に飲むさいには、内臓冷えと呼ばれる深刻な冷え性にならないよう、常温で飲むことがお勧めです。

野菜の効果を引き出す

野菜は基本的に健康に良いとされていますが、その摂取すべき量はかなり多く、ほとんどの人が必要な量を摂ることができずにいるというのが現状です。グリーンスムージーは、もともと野菜を生で大量に消費するにはどうすればいいのか、という観点から生み出された健康食品で、ミキサーにかけることで、植物の細胞壁を破壊し、体内に吸収しやすい形にしています。そのため、普通に野菜を食べるよりも、より含有成分の効果を引き出すことができるようになっています。また、それだけで必要な栄養素も備えているため、ファスティングにおける酵素ドリンクの代替品としても成り立ちます。グリーンスムージーは、生の野菜から作るのがベストですが、市販品なども販売されているため、自己流に自信のない人は、そちらの購入を検討してもいいと思われます。

Copyright© 2017 サプリメントで体内回復〜元気盛りだくさんな毎日〜 All Rights Reserved.